11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-6

こころとからだのしくみ

Lさん(84歳、男性、要介護4)は、自宅で妻と暮らしている。数日前から妻が体調を崩しているため、短期入所生活介護(ショートステイ)を利用することになった。

利用初日に、介護福祉職が身体の確認をするために着替えを行ったところ、Lさんの腋窩と腹部に赤い丘疹が見られ、一部に小水庖を伴っていた。強いかゆみを訴えており、手指間には灰白色の線が見られる。

 Lさんに考えられる皮膚疾患について、集団生活を送る上で最も注意すべき優先度の高いものを1つ選びなさい。

1 皮脂欠乏性湿疹(asteatotic eczema)

2 疥癬(scabies)

3 白癬(tinea)

4 蕁麻疹(urticaria)

5 帯状疱疹(herpes zoster)

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】
11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-5

こころとからだのしくみ

生体で生じる化学反応について、酵素は重要な役割を担っている。

酵素を構成する主要成分として、正しいものを1つ選びなさい。

1 タンパク質

2 糖質

3 脂質

4 ビタミン類

5 無機質(ミネラル(mineral))

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】
11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-4

こころとからだのしくみ

眼の症状とそれに関連が強い疾患の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 眼球が痛くなる         →加齢黄斑変性症(age-related macular degeneration)

2 近いところが見えにくい   →緑内障(glaucoma)

3 結膜が充血する        →流行性角結膜炎(epidemic keratoconjunctivitis)

4 硝子体が白くなる       →白内障(cataract)

5 目やにが増える        →糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)

正解を見る


Be the First to comment. Read More
【広告】
11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-3

こころとからだのしくみ

血管系に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 リンパ管には血液が流れている。

2 末梢動脈には逆流を予防するための弁がある。

3 左心室から出た血液は大静脈へ流れる。

4 肺動脈には静脈血が流れている。

5 下肢の静脈は体表から拍動を触れる。

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】
11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-2

こころとからだのしくみ

Kさん(91歳、男性、要介護1)は、65歳の娘と二人暮らしである。訪問介護員(ホームヘルパー)が週2回通っている。

もともと頑固で怒りやすい性格だが、ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が茶碗(ちゃわん)を割ったのをきっかけに怒りを爆発させて、この訪問介護員(ホームヘルパー)を代えるように娘に主張した。

それは難しいと娘が説明したところ、「もういい、他人には自分の気持ちを理解できるはずがないから、どうせ代わっても今と変わりはない」と話を打ち切ってしまった。

この会話でKさんにみられた適応機制として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 抑圧

2 合理化

3 反動形成

4 昇華

5 投影

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】
11こころとからだのしくみ

第30回介護福祉士国家試験過去問題:こころとからだのしくみ-1

こころとからだのしくみ

記憶と学習に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 短期記憶とは、数日保持される記憶である。

2 記銘とは、情報を覚えることである。

3 意味記憶とは、自分に起こった出来事の記憶である。

4 道具的条件づけの代表例に「パブロフの犬」がある。

5 観察学習とは、自分の行動を反省することによる学習である。

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】
10障害の理解

第30回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-10

障害の理解

Hさん(女性)は、長男J君(3歳)が通園中の保育所の保育士から、「J君は言語などの発達に遅れがあるようだ」と伝えられた。

子どもの将来に不安を感じたHさんは、知り合いの介護福祉職に相談した。

介護福祉職がHさんに対して行うアドバイスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 子どもの発達の状態を見守る。

2 児童発達支援センターに相談する。

3 児童相談所の判定を受ける。

4 障害児保育の申請を行う。

5 居宅介護事業所を紹介する。

正解を見る


Be the First to comment. Read More
【広告】
10障害の理解

第30回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-9

障害の理解

相談支援専門員の業務として、適切なものを1つ選びなさい。

1 障害支援区分の審査判定を行う。

2 就労に必要な能力を高める訓練を行う。

3 サービス等利用計画を作成する。

4 個別支援計画を作成する。

5 外出時の移動介護を行う。

正解を見る


Be the First to comment. Read More
【広告】
10障害の理解

第30回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-8

障害の理解

適応機制の1つである「退行」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 認めたくない欲求を心の中に抑え込もうとする。

2 欲求を価値の高い行為に置き換える。

3 適当な理由をつけて、自分を正当化しようとする。

4 発達の未熟な段階に後戻りして、自分を守ろうとする。

5 苦しくつらい現実から逃げることで、一時的に心の安定を求める。

正解を見る


Be the First to comment. Read More
【広告】
10障害の理解

第30回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-7

障害の理解

言語機能障害を来す難病として、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。

1 潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis)

2 悪性関節リウマチ(malignant rheumatoid arthritis)

3 後縦靱帯骨化症(ossification of posterior longitudinal ligament)

4 クローン病(Crohn disease)

5 脊髄小脳変性症(spinocerebellar degeneration)

正解を見る
Be the First to comment. Read More
【広告】