06生活支援技術

第26回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-7

歩行のための福祉用具に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 歩行器は、杖に比べて安定性がある。
2 歩行器型杖(ウォーカーケイン)は、歩行が比較的安定している場合に用いる。
3 シルバーカーは、自立歩行ができない場合に使用する。
4 ロフストランドクラッチ(Lofstrand crutch)は、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)がある人に適している。
5 固定式歩行器は、左右のフレームを交互に持ち上げて使用する。


正解: 1
前回もロフスト杖についての出題ありましたよね。
福祉用具の活用方法についての出題は今年もありそうですね。
2年後くらいにはパワーアシストとかの介護ロボットでの出題もありそうですよね。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です