重要チェックポイント

介護福祉士国家試験受験前最終チェック:適応機制とは

毎年きまって出題される問題の代表格がこの適応規制。
普段、日常業務でもなかなかこれらの言葉を使うことはありませんが、
タイプに当てはめて分類することはできます。
それではどうぞ。

1.代償
目標や衝動が満たされないときに、他の人・動物・物・別の目標に置き換えて、緊張を解消すること。
2.抑圧
代表的な適応機制で、不満や葛藤などの原因となる欲求や動機を無意識の領域に押し込む機制。
3.投射
受け入れがたい感情や欲求を自分が認めることは不安が生じるため、他の人や物に移し変えること。
4.置換
ある対象に向けられた感情や態度を、全く別の対象に向ける
5.昇華
置換えを基調とする防衛機制で、性的欲求や攻撃欲求など、社会的に容認されない欲求を容認可能な行動に変容して充足させるなど。
6.反動形式
受け入れがたい衝動や欲求が抑圧され、それとは反対の行動で現れること。
7.否認
受け入れたくない欲求や現実、不快な体験から目をそらすこと。臨死患者にも、病気の受容課程として生じる。
8.同一視
自分にとって重要な人の期待している態度や価値観を取り入れて、それを基準とし、それに従った行動をとるようになること。
9.合理化
葛藤や罪悪感を伴う言動を正当化するため、何か別の理由をつけて情緒的安定を図ろうとする試み。
10.逃避
うまく適応できない状態から逃げること。空想への逃避、病気への逃避、他の現実への逃避がある。
11.補償
自分の欠点や劣等感を感じている部分に対して、他の部分に優越感を感じることで心理的安定を図る。
12.知性化
本能や衝動をコントロールするため、合理的・理性的な判断をしながら理知的に処理していくこと。
13.白昼夢
空想によるイメージ内の活動で自己を満たし、現実逃避すること。
14.攻撃機制
欲求不満などの原因に対して、攻撃を加えるなどの脅威を与えることで、解決を図ること。
15.退行
発達初期の段階に逆行し、甘えるなどの未熟な行動をとることです。

はっきりいって、覚えるしかありません。
ただ、覚えれば確実に得点は取れます。
置換や補償など、区別のつきにくいものもありますので、
事例も合わせて覚えるとわかりやすいかと思います。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です