旧02 老人福祉論

第22回国家試験:社会福祉概論-5

平成19年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正の内容に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 介護福祉士の行なう「介護等」が、「入浴、排泄、食事その他の介護」へと、より具体的に規定された。
2 欠格事由の規定が廃止された。
3 信用失墜行為の禁止の規定が廃止された。
4 新たに資質向上の責務が規定された。
5 介護福祉士の資格が業務独占となった。


正解: 4
だそうです。自己研鑽につとめましょうと。
問題自体は見れば簡単にできそうなものですが、
責務という言葉を重く感じてしまうと、気分的に滅入りますよね。。。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です