旧07 老人・障害者の心理

第20回国家試験:老人・高齢者の心理-2

認知症高齢者に対する回想法に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 短期記憶を題材にしている働きかけである。
2 情動やコミュニケーションを意識しながら働きかける。
3 グループで行う場合、高齢者同士の交流は期待できない。
4 回想内容の正確さを確認することが重視される。
5 視覚的題材や触覚的な刺激は用いずに、言葉だけで働きかける。


正解:2
回想法について出題されたのは今回が初めてじゃないでしょうか。
認知症ケアがわかる人材育成というのを厚生労働省でもかなり意識しているようなので、
認知症ケアに関する出題は注意。
それと同時に、回想法のように認知症ケアに関する新しい手法が出題される可能性もあります。
センター方式とか、タクティールケアとか。
どんなものかくらいは知っておいても損はないかも。。。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です