旧07 老人・障害者の心理

第18回国家試験:老人・障害者の心理-6

発達障害に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 軽度障害の子供に対しては、学習上のつまずきを早く発見し、その努力不足を指摘して本人の自覚を促すことが重要である。
B 学習障害の子供は、知的な発達が全般的に遅れているために、読み書きや計算が苦手である。
C 高機能自閉症とは、自閉症のうち知的障害を伴わない状態を言う。
D 注意欠陥・多動障害の子どもは、中度・重度の知的障害や自閉症が認められないにもかかわらず、「不注意」、「多動症」、「衝動性」などによって日常生活に困難を伴う。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○○××
3 ○×○×
4 ×○×○
5 ××○○


解答: 5
よく読めばわかりますね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です