旧08 家政学概論

第19回国家試験:家政学概論-1

次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 結婚を契機として自らがつくり出していく家族を、創設家族という。
B 家事労働の特色の一つとして、無償性を挙げることができる。
C 「ひとり親と未婚の子のみ」で構成する世帯は、「国民生活基礎調査」の世帯構造分類における核家族世帯の一つである。
D 平成16年の年金制度改革で、専業主婦である妻が離婚した場合、夫の年金を妻に分割することができなくなった。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○×○○
3 ○××○
4 ×○○×
5 ×○×○


正解:1
年金の制度改革で、妻は夫の年金を半分まで分割できるようになり、
その結果として熟年離婚が多くなりましたね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です