旧09 医学一般

第19回国家試験:医学一般-6

MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A  MRSA感染症は、基礎疾患のある者に発症することが多い。
B 病原性は非常に強い。
C 院内感染の原因菌となる。
D 接触感染することが多い。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○×○○
3 ×○××
4 ××○○
5 ×××○


正解:2
知っているようで知らないMRSA。
病原性という言葉がしっくり来ないと混乱しますね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です