旧09 医学一般

第17回国家試験:医学一般-2

脳血管障害に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 脳出血(脳内出血)は、基底核部に好発する。
B 脳梗塞は、加齢により発症が増加する。
C くも膜下出血の頭痛は、発症後二、三日でピークに達する。
D 頭部外傷は、慢性硬膜下血腫の原因となることがある。
(組み合わせ)
A B C D
1○○○×
2○○×○
3○××○
4×○○×
5××○○


正解: 2
これは比較的難しい問題ですね。
脳出血や脳梗塞に関する特徴を把握しておきましょう。
簡単に・・・
脳(内)出血: 麻痺・失語をともなう
クモ膜下出血: 突発的な激しい頭痛・嘔吐→麻痺
詳しく知りたい方は厚生労働省の脳卒中のホームページがとってもわかりやすいですね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です