旧03 障害者福祉論

第19回国家試験:障害者福祉論-1

障害者自立支援法第1条(目的)の空欄A、B、Cに該当する語句の組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
「この法律は、( A )の基本的理念にのっとり、( B )、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、児童福祉法その他障害者及び障害児の福祉に関する法律と相まって、障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスに係る給付その他の支援を行い、もって障害者及び障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる( C )の実現に寄与することを目的とする。
1 障害者基本法     →     身体障害者福祉法   →    国家 
2 社会福祉法      →      障害者基本法      →    地域社会
3 社会福祉法      →      身体障害者福祉法   →    国家
4 障害者の権利宣言  →      障害者基本法     →     国家
5 障害者基本法     →     身体障害者福祉法   →     地域社会


正解:5
法律の文言なので、丸暗記できるのがベストですが、
ある程度ざっと見た感じしっくりくるものが正解だったりしますので、
あきらめずに問題文をよく読みましょう。
障害者自立支援法の問題は今後も出題されるので要チェックで。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です