旧07 老人・障害者の心理

第18回国家試験:老人・障害者の心理-8

次の記述のうち、適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 音楽療法では、歌を歌ったり、演奏や音楽鑑賞によって、脳自体への刺激効果やコミュニケーションの円滑化が期待できる。
B 回想法では、記憶障害が顕著である認知症高齢者を対象とする場合、回想の内容の正確さを確認することが重要である。
C 高齢者に対する動物介在活動は、能動的、主体的にかかわる交流であることが特徴の一つである。
D リアリティ・オリエンテーションは、認知症高齢者の場合、残存している能力へ働きかけるものである。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○○××
3 ○×○○
4 ×○×○
5 ××○○


解答: 3
回想法は別に検査でもなんでもないので、
それを見て、何を感じて、何を思い浮かべて、何を共有しあえたか。
記憶が正確である必要はありません。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です