旧07 老人・障害者の心理

第18回国家試験:老人・障害者の心理

次の組み合わせのうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 知能の加齢変化   →横断的方法により測定する場合には、出生年代の差異による                           影響に留意する必要がある。
2 WAIS-R        →11の下位検査により構成されている知能検査である。
3 結晶知能       →経験や知識の豊かさなどに結びつく能力である。
4 流動性知能      →動作の視覚的な正確さやスピードなどに関連した能力である。
5 ビネー式知能検査  →動作性検査と言語性検査を個々に行う。


正解: 5
動作性検査と言語性検査を個々に行う、という記述は
WAIS-Rのことです。
ビネー式知能検査は、設問に答えることで「精神年齢」を割り出すものです。
出題されませんでしたが
長谷川式(認知症)スケール」、「柄沢式老人知能の臨床的判断基準」など、
認知症がらみの知能検査に関してもチェックを忘れずに。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です