旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-10

次の記述のうち、正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 保健所及び市町村保健センターの設置については、地域保健法に定められている。
B 医療法によって、都道府県は医療を提供する体制の確保に関する計画(医療計画)を定めることとされている。
C いわゆる3歳児健康審査の実施主体は、都道府県である。
D 「21世紀における国民健康づくり運動(健康21)」には、生活習慣病及びその原因となる課題についての目標値が定められている。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○
2 ○×○×
3 ○××○
4 ×○××
5 ××○○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-9

脳血管疾患に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 発症の危険因子のうち、最も重要なものは高コレステロール血症である。
B 廃用症候群を予防することが必要である。
C 脳出血より、脳梗塞の方が発症頻度が高い。
D 介護保険法で、第2号被保険者の要介護認定の要件である特定疾患の一つである。
(組み合わせ)
A B C D
1 ○○××
2 ○×○○
3 ○×○×
4 ×○○○
5 ×○×○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-8

疾患とその診断に有用な検査対象に関する次の組み合わせのうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 高血圧         →血小板
2 糖尿病         →ヘモグロビンA1C
3 バセドウ病      →甲状腺ホルモン
4 ネフローゼ症候群  →尿タンパク
5 痛風          →尿酸

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-7

次の文書の空欄A、B、Cに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
骨粗鬆症では(A)、大腿骨頸部、橈骨遠位部に骨折を生じやすい。加齢による骨量の減少は、一般に(B)に強く生じる。骨粗鬆症の予防には、カルシウムの摂取、運動による骨形成促進、日光を浴びることによる(C)の産生促進などが重要である。
      A B C
1 踵骨(しょうこつ) →女性 →ビタミンA
2 踵骨(しょうこつ) →女性 →ビタミンD
3 踵骨(しょうこつ) →男性 →ビタミンA
4 椎骨(ついこつ) →女性 →ビタミンD
5 椎骨(ついこつ) →男性 →ビタミンD

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-6

消化器に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 胃の入り口を噴門という。
B 小腸は、十二指腸、回調、空腸の順に構成されている。
C 大腸では、主に栄養分の吸収が行われる。
D S状結腸に続いて直腸がある。
(組み合わせ)
1 AB
2 AC
3 AD
4 BC
5 BD

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧09 医学一般

第18回国家試験:医学一般-5

次のうち、下肢の骨として正しいものをひとつ選びなさい。 
1 鎖骨
2 尺骨
3 腓骨(ひこつ)
4 橈骨(とうこつ)
5 仙骨

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-8

相続、遺言に関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 遺産の分割協議が協同相続人間で調わないときは、各共同相続人は、簡易裁判所にその分割を請求することができる。
B 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏名を自書し、これに印をおさなければならない。
C 法定相続人に子の配偶者は含まれない。
D 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合、配偶者の法定相続分は二分の一である。
(組み合わせ)
1 AB
2 AD
3 BC
4 BD
5 CD

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-7

次の記述のうち、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 国勢調査では、夫婦のみの世帯は核家族世帯に含まれる。
B 国民生活基礎調査における家族とは、住居及び生計をともにする者の集まりをいう。
C 平成15年の国民生活基礎調査における平均世帯人員数は、3人を下回っている。
D 民法における親族の範囲は、3親等内の血族、配偶者である。
(組み合わせ)
1 AC
2 AD
3 BC
4 BD
5 CD

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-6

布団わたの特徴に関する次の記述のうち,誤っているものを一つ選びなさい。
1 木綿わたは、打ち直しができる安定性があるが、ほこりが出やすく重い。
2 ポリエステルわたは、軽くて扱いやすく、吸湿性も優れている。
3 羊毛わたは保湿性・透湿性に優れ、天日干しなしでも湿気を感じない。
4 羽毛わたは、保湿性・透湿性・圧縮回復性が優れている。
5 羽毛わたは、軽くてフィット性に優れ、掛け布団に適している。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】
旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-5

資質に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 脂肪1g当たりの熱量は4kcalである。
B コレステロールは卵黄、レバーなどの食品に多く含まれ、血中でリポたんぱく質として存在している。
C 植物に多いリノール酸とリノレン酸や、魚油にEPAとDHAは、血中コレステロール低下作用がある。
D 卵黄に含まれるリン脂質のレシチンは乳化剤としての働きがある。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×× 
2 ○×○×
3 ×○○○
4 ××○○
5 ×××○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
【広告】