08発達と老化の理解

第27回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-2

プロダクティブ・エイジング(productive aging)に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 バルデス(Baltes,P.)が最初に提唱した。
2 高齢者の経済的自立を目指した概念である。
3 エイジズム(ageism)による高齢者のとらえ方を肯定した概念である。
4 主観的幸福感とは無関係である。
5 プロダクティブ(productive)な活動には,セルフケア(self-care)が含まれる。


正解: 5
プロダクティブエイジングってなに!?
と混乱した人も多かったのではないでしょうか。
日本語に直訳すれば生産と加齢ということでイメージできた方も多いのでは?
バルテスはアメリカの心理学者で、
知恵とは「複雑で不確実な事態についての優れた洞察や判断力、および人生における基本的で実践的な熟達した知識」と定義した人物、だそうです。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です