旧08 家政学概論

第19回国家試験:家政学概論-2

クーリング・オフ制度に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 電話勧誘により消費者が商品購入契約をしたときには適用されない。
B 一定の要件を満たせば、消費者が自らの意思で店舗に行って購入契約した場合でも、クーリング・オフできる。
C 訪問販売に対して適用されるのは、法定の契約書面を受領した日から8日間である。
D クーリング・オフの手続きは、内容証明郵便による方法が確実である。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○ 
2 ○○××
3 ×○○○
4 ××○×
5 ×××○


正解:3
クーリングオフの適用外のケースなども覚えておきましょう。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です