旧06 レクリエーション活動援助法

第18回国家試験:レクリエーション活動援助法-3

グループによるレクルエーション活動援助に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A グループの目標を達成するために、心身の状態に合わせたグループをくむことも必要である。
B メンバーの個別性を考慮せず、グループ全体の成長を促すことを重視する。
C メンバー同士二人で将棋を指すことも、レクリエーション活動の一つとして意味がある。
D レクリエーション活動において援助者から賞賛されることは、メンバーのおおきな自信となる。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○○
2 ○×○○
3 ○××○
4 ×○×○
5 ××○×


解答: 2
このへんはサービス問題が多いはず。
確実に取っておきましょうね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です