旧10 精神保健

第18回国家試験:精神保健-2

精神病院への入院制度に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 任意入院が可能な場合でも、医療保護入院が優先される。
B 応急入院では、医療及び保護の依頼があった者について、一定の条件に該当する場合は、本人の同意がなくても96時間を限り、その者を入院させることができる。
C 措置入院とは、保護者がいない場合に市町村長の措置で入院させる制度である。
D 医療保護入院では、精神病院の管理者は患者に退院請求等の権利があることを書面で知らせなければならない。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○×○×
3 ×○×○
4 ××○○
5 ×××○


解答: 5
同意がない応急入院は72時間を限度としています。
難しいですね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です