旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-8

相続、遺言に関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 遺産の分割協議が協同相続人間で調わないときは、各共同相続人は、簡易裁判所にその分割を請求することができる。
B 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏名を自書し、これに印をおさなければならない。
C 法定相続人に子の配偶者は含まれない。
D 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合、配偶者の法定相続分は二分の一である。
(組み合わせ)
1 AB
2 AD
3 BC
4 BD
5 CD


解答: 3
難しいですね。。。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です