旧08 家政学概論

第18回国家試験:家政学概論-2

高齢者等の住宅リフォームに関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
1 工事を依頼するかどうかは、被害防止のためにも時間をかけて慎重に検討する。
2 訪問販売の場合は、工事開始後でもクーリング・オフ期間内であれば解約できる。
3 訪問介護員や民生委員など身近にいる人が、不審を感じたときは、消費生活センターなどに相談するよう助言する。
4 引き戸等への扉の取り替えは、介護保険制度の給付の対象外である。
5 バリアフリー住宅を推進するため、住宅金融公庫の割増融資などがある。


正解: 4
高齢者へのリフォーム詐欺が話題になりました。
こういった知識も、人権擁護に携わるスタッフとしては求められますよね。

One comment

高齢者用の住宅や老人ホーム等をお探しの方へ

高齢者住宅が最近はニーズが高まってきていますが、その種類は入居者の用途や目的それに要介護度やサービス内容に滞在期間等に応じて、たくさんあるので、適した高齢…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です