お知らせ

平成24年度介護福祉士国家試験合格発表。合格基準点は69点。

介護福祉士国家試験の合格発表が行われました。
合格された87,797人のみなさん、おめでとうございます。
今回の介護福祉士国家試験ですが、
前回試験よりも問題の難度が若干上がった印象があったので、
合格基準点も少しは下がって73点前後かと予想していました。
実際、合格発表を見ると、合格基準点は69点となっていました。
この数字はかなり低かったように思います。
合格率は64.4%ということで、過去の試験を見ていても一番高い合格率でした。
介護福祉士を基礎資格とするキャリア制度への移行という情勢から、
介護福祉士の数を増やしたい意向もあったのでしょうか。
EPAで海外から来ている介護福祉士候補への配慮もあったのでしょうか。
まずは受験された皆様、お疲れ様でした。
4月から新社会人を介護福祉士として迎える皆様の門出をお祝いいたします。
現在介護の仕事をされている方には、介護福祉士としての明日からのご活躍を期待しています。
今回の試験で結果を残せなかった方はまた来年、
次回の試験に向けて準備を重ねていきましょう。
このサイトでも過去問題の情報などを中心に介護福祉士を目指す皆さんを応援します。

One comment

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です