09認知症の理解

第30回介護福祉士国家試験過去問題:認知症の理解-5

認知症の理解

認知機能の評価に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 長谷川式認知症スケールで認知症(dementia)の診断が可能である。

2 FAST(Functional Assessment Staging)は、血管性認知症(vascular dementia)の重症度判定に用いる。

3 IADL(Instrumental Activities of Daily Living:手段的日常生活動作)のアセスメント(assessment)は、軽度の認知症(dementia)において有用である。

4 MMSE(Mini-Mental State Examination)は、日常生活の行動観察から知能を評価する検査である。

5 言語機能が障害されると、認知症(dementia)の重症度評価はできなくなる。

正解を見る
Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です