03社会の理解

第26回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解-5

市長村における社会福祉に関する計画として、正しいものを1つ選びなさい。
1 老人福祉計画は、その市町村内に老人福祉施設がなければ、策定しなくてもよい。
2 障害者福祉計画は、18歳以上の障害者を対象としていて、障害児を含まない。
3 介護保険事業計画は、第1号被保険者の保険料の設定に関与している。
4 地域福祉計画は、市町村社会福祉協議会に策定が義務づけられている。
5 障害福祉計画は、具体的なサービスの量を設定しない。


正解: 3
市町村が介護サービスの利用見込みなどを考え、
三年間の計画を立てるのが介護保険事業計画です。
事業計画って言われると介護保険事業所が建てる計画なのかと思われる方も多いと思いますが、これは市町村が策定するものです。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です