13総合問題

第24回介護福祉士国家試験過去問題:総合問題2

次の事例を読んで答えなさい。
(事例)
Kさん(78歳、女性)は、アルツハイマー型認知症(dementia of hte Alzheimer’s type)(認知症高齢者の日常生活自立度ランクⅡa)と診断されていた。夫が亡くなった後、隣町で理容店を営む息子夫婦と同居するようになった。3ヶ月たった頃から夕方になると「夫が帰って来ない」と玄関先に座るようになり、夜中に夫を探して家中歩き回るようになった。診察の結果、認知症(dementia )の進行(認知症高齢者の日常生活自立度ランクⅢb)が認められた。Kさんが夜間に徘徊するため息子の妻は不眠が続き体調を崩してしまった。現在、Kさんは自宅に近いグループホームに入所している。
問題
息子夫婦は週一回面会に来るようになったが、Kさんの病状が進行していくことを心配している。息子夫婦に対する介護職の働きかけとして、最も適切でないものを一つ選びなさい。
1 過去1週間のKさんの生活の状態を報告した
2 面会時にKさんと一緒に近所を散歩することを勧めた
3 今後予測されるKさんの状態を説明した
4 他の利用者を考慮して月1回の面会にしてほしいと頼んだ
5 病状のことで問題があれば医療職と連携して対応することを伝えた


正解: 4
不適切なものなので、4ですね。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です