旧01 社会福祉概論

第22回国家試験:社会福祉概論-2

生活保護と介護に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 生活保護を受給中の介護保険第1号被保険者は介護保険料を納付しなくてもよい。
2 40歳以上65歳未満の生活保護受給者で医療保険に加入していない者は、介護保険に加入することが義務づけられている。
3 生活保護を受給中の障害者は、必要とする介護の状況に応じて、生活保護から介護費用の支給を受けることができる。
4 介護保険施設の入居者は、生活保護が適用されない。
5 生活保護時給者の居宅介護支援は、福祉事務所の社会福祉主事が行なう。


正解: 3
生活保護については、受給者も近年大きく増えており、
出題されることも予想されますね。
扶助の種類とか、生活保護の原則とかをしっかりおさらいしておきましょう。

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です