お知らせ

介護福祉士国家試験受験申込、証明写真にご注意を!

提出書類のチェックはお早めに!

介護福祉士国家試験の受験申し込みはお済みでしょうか?
少なくとも、来週中までには郵送することをお勧めします。
書類は揃いましたか?
チェックシートにひとつづつチェックしてみましたか?


ちなみに、自分の失敗談をひとつ。
受験の整理票に証明写真が必要なので、証明写真を撮ったのですが、
この証明写真。
縦4.5cm×横3.5cmのいわゆるパスポートサイズです。
履歴書用の写真ではサイズが足りません。
みなさん、証明写真を撮る際には、パスポートサイズ、間違えないように!
って、みんな間違えないか・・・。

介護福祉士国家試験証明写真の規定は

ちなみに、介護福祉士国家試験に使う証明写真にはこのような決まりがあります。

受験申し込み前6か月以内に撮影した顔写真です。
カラーで撮影してください。
サイズは縦4.5cm×横3.5cmです。
正面を向き、肩から上、脱帽して撮影してください。
両目が開いていて、目がはっきりと見えるように撮影してください。
試験中にメガネ(シニアグラスを含む)を着用(一時的着脱を含む)する方は、メガネを着用して撮影してください。
写真裏面に氏名を記入し、全面のり付けをして貼ってください
スナップ写真及び加工、修正された写真は不可です。
普通紙にプリントした写真は不可です。

社会福祉振興試験センターホームページより

六か月前に撮影したもの、ってそんなに頻繁に証明写真なんて撮影しませんよね。まぁ、別に撮影日が六か月以内かどうかを確認することはないので、六か月を過ぎていても気付かれる人はいないと思います。

あと、自分でスマホを使って撮影したものをプリントして貼り付ける、なんてのもダメみたいですね。駅前とか大型店舗の前に置いてあるような証明写真用のボックスや、写真店の証明写真で撮影してもらってください。

プリクラは写真が加工さるのでサイズが正しくても絶対だめでしょうね。

たかが写真ですが、せっかくだからいい顔で写真に写りましょう。履歴書写真ではないので、歯が見えちゃダメなんてこともありません。

証明写真を貼り付けた受験票は試験中、自分の机に置きます。

冷たい表情で見つめる自分よりも、自信にあふれた笑顔で机の上にいてもらった方がなんだか落ち着いて問題を解けそうな気がしませんか?

なので、介護福祉士国家試験の証明写真では笑顔で写っちゃいましょう。(笑うと目が細くなっちゃう人は注意!)

レッツスマイル!

Be the First to comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です