旧05 社会福祉援助技術

第17回国家試験:社会福祉援助技術

次の記述のうち、正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A アドボガシーとは、援助過程において援助者が、利用者の権利を擁護するための活動である。
B エンパワメント・アプローチとは、利用者の潜在能力や可能性の強化と環境の改善を含めた主体的な問題解決を支援する援助方法である。
C ワーカビリティとは、利用者を取りまいているフォーマル及びインフォーマルなネットワーク状況を確認して、支援体制を強化していく方法である。
D コンサルテーションとは、関連機関や関連領域の専門家との相談等により、援助者が専門的助言や示唆を受けることである。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○
2 ○×××
3 ×○○○
4 ×○○×
5 ××○○


正解: 1
介護福祉に登場する用語は、ほんとに横文字だらけです。
なかなかすぐに覚えることは難しいと思いますが、
介護福祉士受験倶楽部さんのカタカナ用語コーナーを見ると、
重要な項目はほぼ網羅されているんじゃないかと思いますので、
プリントアウトして繰り返し確認することをお勧めします。

One comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です