介護福祉士国家試験ナビ:介護福祉士模擬試験

[模擬試験トップページ] [管理用]

介護福祉士国家試験ナビ 〜 第18回介護福祉士国家試験問題抜粋 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 16422人中10634人正解 (正答率64.7%)

平成17年の介護保険法の改正に関する次の記述のうち、正しいものをひとつ選びなさい

  1. 要支援認定について、新たに要支援1及び2の区分が設けられ、その審査判定は介護支援専門員が行うことになった。
  2. 新たな保険料負担者を増やすために、これまで40歳とされていた被保険者の範囲が「20歳以上」と改められた。
  3. 介護給付の増大を抑制するために、これまで1割とされた居宅介護サービスの費用にかかる自己負担は、高額所得者に限って2割とすることになった。
  4. 介護予防マネジメント事業、総合相談・支援事業および包括的・継続的マネジメント支援事業等を実施する施設として、地域包括支援センターが新たに設置されることになった
  5. 介護予防重視の視点から、「予防給付」が新たな給付項目として設けられた。