介護福祉士国家試験ナビ:介護福祉士模擬試験

[模擬試験トップページ] [管理用]

介護福祉士国家試験ナビ 〜 第27回介護福祉士国家試験問題抜粋 Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 263人中215人正解 (正答率81.7%)

1956年(昭和31年)当時,肺結核(pulmonary tuberculosis)で国立療養所に入所していた朝日茂氏は,単身で無収入だったために生活扶助(月額600円支給)と医療扶助を受けていた。長年,音信不通だった兄を福祉事務所が見つけ,兄から月1,500円の仕送りが行われることになった。これにより福祉事務所は支給していた月額600円の生活扶助を停止し,医療費の一部自己負担額として月900円の負担を求めた。このことが日本国憲法第[A]条に反するものとして朝日茂氏は,1957年(昭和32年),厚生大臣の決定を取り消すことを求める訴訟を起こした。 この訴訟で焦点となった日本国憲法第[A]条が規定する権利として,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 請求権
  2. 平等権
  3. 生存権
  4. 自由権