介護福祉士国家試験を受験するためには

介護福祉士試験を受けるためには、財団法人社会福祉振興・試験センターへ受験の申し込みをしなければいけません。

ここではその手続きの手順をお知らせします。

介護福祉士国家試験、受験の手引

受験のためには、まず必要な書類を取り寄せなければいけません。

それが、受験の手引と呼ばれるものです。

インターネットを利用して、社会福祉振興・試験センターのサイトから書類の請求依頼ができます。

社会福祉振興・試験センター:介護福祉士、受験申し込み手続き

配送は例年7月頃に開始されます。

受験の手引請求は、遅くとも8月末までに済ませておきましょう。

実務経験の証明など、勤務先である事業所に依頼して作成する書類などもあります。

できるだけ余裕を持って、早いうちに請求しておきましょう。

また、インターネットの使えない環境にあっても、受験の手引の請求は郵便ハガキでも行えますので、ご安心を。

受験申し込みに必要な書類への記入

郵送されてきた受験の手引

さっそく書類の作成を行いましょう。

まずは手引をよく読んで、自分がどんな受験資格(区分)に該当し、
どんな書類の提出が必要なのかをよく確認しましょう。

実務経験の証明が必要な場合は、勤務先の事業所に。

すでに退職した事業所での勤務実績が必要な場合は、そちらにも勤務実績の証明を作成してもらいましょう。

また、受験のためには受験手数料の払い込みが必要になります。

指定払込用紙による払込受付証明書を同封することもお忘れなく。

郵送する前に、チェックシートが用意されていますので、必要な書類がすべて揃っているかを必ず確認しましょう。

受験に必要な書類の受付期間は例年9月上旬となっています。

受付終了後、受験票の発送は12月頃になると思われます。

Be the First to comment.