06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-20

施設入所者の終末期から死後における家族への支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 付き添いやすい環境を整える。
2 在宅と比べて、家族への支援の必要性は乏しい。
3 状態が変化したときだけ家族に報告する。
4 家族が希望しても、死後の処置は職員で行う。
5 故人の思い出話は控える。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-20”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-19

終末期で食欲が低下してきた利用者の食事介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 食事の回数を増やす。
2 1回の食事量を増やす。
3 高カロリーの食事を用意する。
4 嗜好(しこう)を重視する。
5 経管栄養を勧める。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-19”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-18

Cさんは、関節リウマチが徐々に進行している。何とか自力で寝返りをすることができるが、思うように関節が動かなくなってきている。体調に変動があるため一日の過ごし方も不規則で昼夜逆転の生活が続いている。
Cさんが夜間、安眠が得られるような介護福祉職の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
1 早朝の散歩を勧める。
2 朝食は、とらないように勧める。
3 午後から、温水プールで運動するように勧める。
4 マットレスは、柔らかいものを勧める。
5 枕は、硬く高いものを勧める。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-18”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-17

繊維製品に以下の表示があるときの取扱いの留意点として、適切なものを1つ選びなさい。
2016ga2.jpg
(注)いずれも家庭用品品質表示法に基づく洗濯に関する表示であり、同じ取扱い方法を意味している。左の表示は現行のものであり、2016年(平成28年)12月から右の表示に改正されることになっている。
1 しわになりやすいので、脱水はさける。
2 色が落ちやすいので、単独で洗う。
3 手洗いをする。
4 日陰のつり干しにする。
5 平干しにする。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-17”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-16

悪質商法や詐欺の種類と介護福祉職が行う助言の組合せとして、適切なものを1つ選びなさい。
1 催眠商法  -→友人と一緒なら販売会場まで出かけても構わないと助言する。
2 送り付け商法 -→注文した覚えのない商品は断り、受け取らないように助言する。
3 利殖商法 -→「元本保証」と「金融庁への届出」の記載があれば信頼できると助言する。
4 振り込め詐欺 -→公的機関や家族を名乗る電話には、一人で対処するように助言する。
5 点検商法 -→業者を家の中に入れて、ていねいに断るよう助言する。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-16”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-15

Bさん(86歳、女性)は、介護老人福祉施設で生活している。脳梗塞の後遺症で左片麻痺があり、最近は筋力の低下が目立っている。
Bさんは日中はポータブルトイレ、夜間は紙おむつを使用している。Bさんの使用しているポータブルトイレは木製の背もたれと肘かけがついているタイプである。
Bさんが、ポータブルトイレを使用するときの排泄介護(はいせつかいご)に関する記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 ポータブルトイレは、ベッドの左側の足元に置く。
2 ポータブルトイレの足元に新聞紙を敷く。
3 座位が安定しないときは、背もたれに寄りかかるように座ってもらう。
4 排泄(はいせつ)が終了したら、立ち上がる前に下着やズボンを大腿部(だいたいぶ)まで上げておく。
5 使用したポータブルトイレの中の排泄物(はいせつぶつ)は、一日分まとめて片づける。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-15”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-14

排泄介護(はいせつかいご)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい
1 ベッドで尿器を使用する場合、ベッドの足元を上げる。
2 差し込み便器の開口部の中央に、仙骨が来るようにする。
3 テープ止めタイプの紙おむつの中に、尿取りパッドを複数あてる。
4 自己導尿を行う場合、座位姿勢で行えるように支援する。
5 トイレにL字手すりを設置する場合、横手すりは座面の高さに合わせる。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-14”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-13

入浴時のヒートショックに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 高血圧の人は、ヒートショックを起こしにくい。
2 ヒートショックは、夏に起こりやすい。
3 ヒートショック予防として、浴室・脱衣所と居室との温度差を小さくする。
4 ヒートショック予防として、湯の温度設定は高めにする。
5 ヒートショックは、入浴前に起こりやすい。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-13”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-12

消化管ストーマを造設している人の入浴に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 排便のあった日だけ入浴する。
2 回腸ストーマの場合は、食後1時間以内に入浴する。
3 装具を外して入浴できる。
4 ストーマ部分は、石鹸をつけずに、こすりながら洗う。
5 公衆浴場の利用は避ける。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-12”

Be the First to comment. 続きを読む
06生活支援技術

第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-11

下肢筋力が低下して介護を必要とする人に適した浴室改修に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 浴室の入口は引き戸にする。
2 縦に長く浅めの様式の浴槽にする。
3 浴槽の縁(エプロン部分)は厚みを20cmにする。
4 床から浴槽の縁までの高さは20cmにする。
5 浴室と脱衣室の段差は10cmにする。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:生活支援技術-11”

Be the First to comment. 続きを読む