月別: 2015年7月

お知らせ

第28回介護福祉士国家試験の概要が発表される。筆記試験は1月24日!

今年度の介護福祉士国家試験の概要が発表されました。
第28回「介護福祉士国家試験」の概要を発表 厚労省

厚生労働省は、7月17日、第28回「介護福祉士国家試験」の実施について発表した。
なお、試験に関する照会は、社会福祉振興・試験センターまで。同センターのホームページからも閲覧可能だ。
第28回「介護福祉士国家試験」の筆記試験は、平成28年1月24日(日)、実技試験は平成28年3月6日(日)にそれぞれ実施される。
筆記試験は、「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」の3つの領域から出題。人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーション、介護の基本、認知症の理解等が求められ、総合問題では、これら3領域の知識・技術について横断的に問う問題が、事例形式で出題される。
また、実技試験では、介護等に関する専門的技能が必要だ。
なお、受験書類は、社会福祉振興・試験センターへ提出するものとし、受付期間は、8月5日(水)から9月4日(金)、当日消印のあるものに限り有効である。
発表は来年3月28日
合格発表は、平成28年3月28日(月)午後。厚生労働省および社会福祉振興・試験センターに受験番号を掲示するとともに、同センターのホームページ上でも確認することができる。 
なお、受験手数料は、13,140円。

筆記試験は来年の1月24日。
相変わらず体調を崩しやすい時期なので、
激務であっても健康管理などをきっちり行うタフさも求められているのだと思いましょう。
このブログでも過去問題を中心に情報をお届けしますので、どうぞよろしくお願いします。

Be the First to comment. Read More