カテゴリー: 02人間関係とコミュニケーション

02人間関係とコミュニケーション

第28回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2

Bさんは、パーキンソン病で、要介護3である。車いすを利用しているが、自分では移動できない。声が小さく、聞き取りにくい。難聴はない。食堂にいたBさんが、10mほど離れた窓の方向を指して何か言ったが、少し離れた場所にいた介護福祉職には聞こえなかった。
その時の介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 Bさんのそばに行き、何も言わずにBさんの口元に耳を近づける。
2 Bさんのそばに行き、もう一度話すように依頼する。
3 その場所からBさんに、大きな声で話すように促す。
4 その場所からBさんに、聞こえないと伝える。
5 Bさんを窓のところに案内する。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第28回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1

共感的態度に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 利用者に対して審判的態度で関わる。
2 利用者の感情をその人の立場になって理解して関わる。
3 利用者と自分の感情を区別せず、同調して関わる。
4 利用者の感情に共鳴して、同情的に関わる。
5 利用者が示す否定的な感情は避けて関わる。

この問題の解答を見る “第28回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第27回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2

Aさん(83歳、男性)は介護予防通所介護(デイサービス)を利用し始めた。重度の加齢性難聴(presbycusis)がある。これまで補聴器を使った経験はない。コミュニケーション意欲は高く、介護福祉職とやり取りすることを好む。認知症(dementia)はない。
介護福祉職がAさんと日常のやり取りを始めるときの、コミュニケーション方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 Aさんはイラストを多用したコミュニケーションノートを使う。
2 Aさんは挿耳型補聴器を一日じゅう使う。
3 Aさんも介護福祉職も五十音表の文字盤を使う。
4 Aさんは話し、介護福祉職は筆談と併せて発語も行う。
5 Aさんは携帯用会話補助装置を使い、介護福祉職は話す。

この問題の解答を見る “第27回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第27回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1

ラポール形成の初期段階のかかわりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。 
1 利用者の感情に関心を持つ。
2 利用者の家族環境を詳しく聞く。
3 介護福祉職が詳しく自己紹介する。
4 黙って聴くことに徹する。
5 「なぜ」で始まる質問を繰り返す。

この問題の解答を見る “第27回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第26回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2

Bさん(85歳、女性)は、認知症がある。ショートステイを1週間利用することになった。1日目の夕方、介護職員が忙しい時間に、Bさんは何回も、「わたしはここにいていいの」と繰り返し尋ねた。
介護職員の最初の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 「どこにいきたいのですか」
2 「後からゆっくり聞きますね」
3 「同じことを何回も聞かないでください」
4 「ここにいてくださっていいですよ」
5 「ここにじっとしていてください」

この問題の解答を見る “第26回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-2”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第26回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1

自己覚知のために、最も重視するものを1つ選びなさい。
1 自分の感情の動きとその背景を洞察する。
2 自分の将来の目標を設定する。
3 自分中心でなく、他者中心に考える。
4 自分を肯定的にとらえる。
5 自分の価値観に基づいて行動する。

この問題の解答を見る “第26回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション-1”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション2

Bさんの父親は認知症(dementia)があり、同じ話を繰り返す。Bさんが、「同じ話を毎日聞いて疲れる。疲れるのは父親のせいだ。つらいです」と介護職に話した。
 このときの介護職の、感情の反射(reflection of feeling)を用いた返答として、適切なものを1つ選びなさい。
1 「どんなふうにつらいですか」
2 「つらい気持ちなのですね」
3 「うまくいっていないのですね」
4 「つらい気持ちは怒りみたいなものですね」
5 「あなたが話していることは、お父さんに対するつらさですね」

この問題の解答を見る “第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション2”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション1

介護職と利用者のコミュニケーションを促す場面づくりに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 利用者との関係性をつくる座り方として、直角法より対面法の方が有効である。
2 対面法で座る場合、視線を向けることのできる花瓶などを机の上に置くとよい。
3 利用者に近づけば近づくほど、親密な雰囲気になって利用者は話しやすくなる。
4 利用者が座っているときも、介護職は立ったままで話しかけてよい。
5 介護職が腕や足を組んだ姿勢をとると、利用者はより話しやすくなる。

この問題の解答を見る “第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション1”

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

介護福祉士国家試験科目別攻略ポイント:人間関係とコミュニケーション

科目別の攻略ポイント、続いては人間関係とコミュニケーション。
出題はこちらも2題。
介護職・相談職としてのコミュニケーション技法のようなことを問うわけではなく、
人としてのかかわり方の基本を問うような出題です。
これも知識的な難易度は高くありません。
落ち着いていれば、スムーズに回答が出せるのではないでしょうか。
人間関係とコミュニケーションの項目と、
コミュニケーション技術の項目のうち、どちらかで得点がないと、
合格基準点に達していても合格できません。
コミュニケーション技術の方が、技術的なコミュニケーションを問う出題なので、
社会福祉士の資格を持っている人や専門学校などで教育を受けた方は
解答しやすいと思いますが、そうでなければ、
難易度の低いこちらの項目で得点を確実にしておくことは必要です。

Be the First to comment. 続きを読む
02人間関係とコミュニケーション

第24回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション2

Bさん(75歳、男性)は施設に入所後3日たったが、表情が硬く、まだ誰とも話をしていない様子である。Bさんに対しての介護職の初期のかかわり方として、適切でないものを一つ選びなさい。
1 何に興味を持っているかを把握するため表情や行動を観察する。
2 さりげない会話をして関係の構築を図る。
3 どの場面で、どの場所に座るかなどを観察する。
4 肩に手を回すなど身体への接触を中心にする。
5 言葉だけでなく笑顔やうなずきを交える。

この問題の解答を見る “第24回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション2”

Be the First to comment. 続きを読む