カテゴリー: 旧05 社会福祉援助技術

旧05 社会福祉援助技術

第21回国家試験:社会福祉援助技術-2

次の人物とその業績等に関する組み合わせのうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 アダムズ(Addams.J)—————–トインビーホールの初代館長
2 バーネット(Barnett,S)—————-YMCAを創設
3 ニューステッター(Newstetter,W)——ニーズ解決のプロセス重視
4 ロス(Ross,M)———————–地域援助技術モデルの3分野
5 横山源之助————————–「日本之下層社会」の著者

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第21回国家試験:社会福祉援助技術-1

日本介護福祉士会の倫理網領からの抜粋に関する次の記述の空欄A,B,Cに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
介護福祉士はすべての人々の(A)を擁護し、一人ひとりの住民が必豊かな暮らしと老後が送れるよう、(B)の立場から(C)を最大限尊重し、自立に向けた介護福祉サービスを提供していきます。
  A  B  C 
1 生存権———-介護福祉士——自己選択
2 生存権———-利用者本位——自己決定
3 生存権———-利用者本位——自己選択
4 基本的人権——利用者本位——自己決定
5 基本的人権——介護福祉士——自己決定

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第20回国家試験:社会福祉援助技術-2

面接における援助者の行動に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 積極的に聴いている印象を与えるには、腕組みをする。
2 受容の姿勢では視線をそらさず、利用者の目を凝視する。
3 傾聴の姿勢を示すときには、相づちはうたない。
4 基本的な情報を確認するときには、「閉じた質問」をする。
5 非審判的態度を示すには、援助者の主観や価値観を利用者に伝える。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第20回国家試験:社会福祉援助技術-1

社会福祉援助技術の基本に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 日常生活に支障がある利用者に対して、本人に代わって全面的に生活問題を解決する。
B 利用者の身体機能や心理状態ではなく、社会的な環境状況に焦点を当てる。
C 利用者のニーズの充足を図ることによって、生活の質を高める。
D 公平の原則に基づき、画一・平等な内容の支援を行う。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 × ○ ○ ×
4 × × ○ ×
5 × × × ○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第19回国家試験:社会福祉援助技術-5

ボランティアコーディネーターの役割に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A ボランティア希望者には、登録をする前に、利用者と直接接触しニーズを把握してもらう。
B ボランティアの受け入れについて、事前に利用者に説明し了解を得る。
C ボランティアには、守秘義務について理解してもらう。
D ボランティアには、活動中の事故に備え、ボランティア保険に加入することをすすめる。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○
2 ○×○×
3 ○××○
4 ×○○○
5 ×○××

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第19回国家試験:社会福祉援助技術-4

ケースカンファレンスに関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 援助目標や方針を共有する。
B 援助活動を追体験し、共感的な理解を深める。
C 援助技術を向上させるための方策を導き出す。
D アセスメントは援助活動が終結してから行う。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○×○×
4 ×○×○
5 ××○○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第19回国家試験:社会福祉援助技術-3

グループワークの実施に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 援助者は、性別、年齢、疾病、障害、日常生活動作(ADL)、人間関係等の参加者の特性を考慮する。
B 援助者は、参加者の人数、開催時間、回数、期間等について計画を立てる。
C 援助者は、あらかじめ参加者の役割を決めて提示する。
D 援助者は、参加者個人とグループ全体を対象に、観察と支援を行う。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○×○×
4 ×○×○
5 ×××○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第19回国家試験:社会福祉援助技術-2

直接相談の原則に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。  
A 利用者が沈黙した場合は、すぐに話題を転換する。
B 閉じた質問を行うと、利用者は、自らの考えや気持を具体的に述べることができる。
C 利用者の発言内容のほかに、声の調子、表情、視線、身体の動き等を観察する。
D 面接者は、自分の価値観や倫理観を押しつけないようにする。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○××
3 ○××○
4 ×○○○
5 ××○○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第19回国家試験:社会福祉援助技術-1

高齢者虐待への対応に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 
A 主治医との連携、ショートステイの利用などの緊急対応体制をあらかじめ整えておく。
B 高齢者は、虐待されていても、そのことを、あきらめたり我慢していることがある。
C 被害高齢者の利益を守るために、加害者である家族への支援を控える。
D 高齢者虐待の有無に関連があるものとして、家族介護者と高齢者との人間関係が挙げられる。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○×○○
4 ×○×○
5 ××○×

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧05 社会福祉援助技術

第18回国家試験:社会福祉援助技術-6-3

(事例)(以下、名前はすべて仮名である。)
鈴木佳子さん(介護福祉士・勤務して3年目。以下「鈴木職員」という。)は、介護福祉士としての使命感や責任感が強く、仕事熱心で、几帳面な性格である。鈴木職員は、ほぼ同時期の入所者を対象に、仲間づくりと施設への適応を目標とするグループワークを企画した。しかい、当初からグループワークは思うようには展開せず、鈴木職員からの申し出を受け、途中から他の職員が引き継ぐことになった。一方、事態の変化に気づいた加藤主任(スーパーバイザー兼任)は、グループのメンバーから「鈴木職員さんは、私達に対する期待や要求が高かったのかな・・・。話し合いの時にも、沈黙が続くと急にイライラしはじめて、場の雰囲気が重苦しい感じになって・・・・。そしたら、突然、交替してしまって・・・・。近頃は、挨拶しても、元気がない様子だし・・・・」等々の話を聞き出すことができた。
加藤主任が、早速面接をしてみると、鈴木職員は、「きっかけは、自分の中で理想的なグループの運営と援助目標を意識し過ぎたせいかもしれない・・・・。今は、みんなに迷惑をかけて申し訳なかったという気持ちで一杯・・・・。仕事に対する自分の思い上がりと力量の無さが悔やまれます。最近は、この仕事が自分には向いてないのではないかと考え込んでしまって・・・・。何事に対しても意欲がわかないし・・・・。夜も欲寝れない状態で・・・」とためらいがちに涙を浮かべて語り始めた。
鈴木職員のような援助者が、仕事を継続していくための支援として職場内ではどのような取り組みが必要か。その記述のうち、適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A スーパービジョンやカウンセリングの体制を整える。
B 必要に応じて、外部の専門家から指導助言を受ける体制を整える。
C 職員が、積極的に学習会や外部の研修会へ参加する機会をつくる。
D 複雑困難なケースについては、スーパーバイザーの担当とする。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○××○
4 ×○×○
5 ××○×

(さらに…)

Be the First to comment. Read More