カテゴリー: 旧01 社会福祉概論

旧01 社会福祉概論

第22回国家試験:社会福祉概論-4

社会保障給付費に関する次の記述の空欄A, B. Cに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
平成12年度と平成18年度の我が国の制度別社会保障給付費の構成比を比較すると、( A  )は平成12年度50.1% 、平成18年度51.4%となっており、最も高い割合で推移している。
次いで高い割合を示している(  B  )も18.7%から18.6%とほぼ同水準で推移している。また、老人保健は、13.4%から11.6%とその割合をわずかに低下させている。
一方 (  C  )は4.2%から6.7%と、その構成比を増加させている。
    A          B           C
1 年金保険――――医療保険――――介護保険
2 年金保険――――介護保険――――医療保険
3 介護保険――――年金保険――――医療保険
4 医療保険――――介護保険――――年金保険
5 医療保険――――年金保険――――介護保険

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第22回国家試験:社会福祉概論-3

社会福祉法人に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 法人は収益事業を行なうことは認められない。
2 法人設立の認可があれば、登記がなくても法人は成立する。
3 理事は、その法人の職員を兼務する事ができる。
4 法人は、必要に応じて監事を置く事ができる。
5 入所施設を経営する法人は、解散する事はできない。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第22回国家試験:社会福祉概論-2

生活保護と介護に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 生活保護を受給中の介護保険第1号被保険者は介護保険料を納付しなくてもよい。
2 40歳以上65歳未満の生活保護受給者で医療保険に加入していない者は、介護保険に加入することが義務づけられている。
3 生活保護を受給中の障害者は、必要とする介護の状況に応じて、生活保護から介護費用の支給を受けることができる。
4 介護保険施設の入居者は、生活保護が適用されない。
5 生活保護時給者の居宅介護支援は、福祉事務所の社会福祉主事が行なう。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第22回国家試験:社会福祉概論-1

平成12年の「社会福祉事業法等改正」に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 第一種社会福祉事業の経営主体から市町村が除外された。
2 第一種社会福祉事業の経営主体になれるものとして、株式会社が追加された。
3 身体障害者福祉法や知的障害者福祉法に基づく福祉サービスの利用は、措置制度から「支援費制度」へ移行することとなった。
4 社会福祉法人設立に当たっての施設の規模や資産の要件が引き上げられた。
5 養護老人ホームの利用が、市町村による措置から施設と利用者の直接契約になった。
(注) 「社会福祉事業法等改正」とは、「社会福祉増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律」のことである。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第21回国家試験:社会福祉概論-5

福祉サービス等の苦情解決に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 介護保険サービスにかかわる苦情解決は国民健康保険団体連合会で行うため、運営適正委員会は介護保険にかかわる苦情は受け付けないこととされている。
B 運営適正委員会は、苦情解決の申出があったときは、申出人に対してサービスを提供した者の同意を得て苦情解決のあっせんを行うことができる。
C 運営適正委員会は、苦情の解決に当たり、当該利用者の処遇につき不当な行為のおそれの有無にかかわらず、速やかに都道府県知事にその旨を通知しなければならない。
D 日常生活自立支援事業には、福祉サービスの利用に関する苦情解決の利用援助が含まれる。
(組み合わせ)
1  A B
2  A C
3  B C
4  B D
5  C D

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第21回国家試験:社会福祉概論-4

問題5 社会福祉調査に関する次の記述のうち、適切なものに〇、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A ブース(Booth,C,)はイギリスのロンドン市で貧困調査を実施し、貧困の原因は個人の道徳問題が主であることを解明した。
B ラウントリー(Rowntree.B.)は、イギリスのヨーク市で貧困調査を実施し、相対的剥奪による貧困の再発見に寄与した。
C 社会福祉調査は、社会福祉援助支援の中の間接援助技術の一つとして位置づけられる。
D 社会福祉調査では、統計的な分析だけでなく、現場に足を運び状況を具体的に記述する社会調査も重要である。
(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × ○ 〇
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第21回国家試験:社会福祉概論-3

問題3 福祉サービスにおける利用者負担に関する次の記述の空欄A, B, Cに該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びない。
社会福祉における利用者負担は、制度の趣旨を逸脱した利用による( A )を防止し、社会資源の有効活用を促すなど様々な目的のために導入されている。今日の利用者負担の主な考え方として、提供されたサービスから得た利益に応じてその費用を負担する( B )があり、この考え方を採用した制度の代表的なものとして( C )がある。
 
       A           B               C 
1 漏給—————-応益負担——–児童福祉法の措置
2 漏給—————-応益負担——–生活保護法の措置
3 モラルハザード——-応能負担——–生活保護法の措置
4 モラルハザード——-応益負担——–介護保険法のサービス利用
5 モラルハザード——-応能負担——–介護保険法のサービス利用

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第21回国家試験:社会福祉概論-2

社会福祉・社会保障制度の適用年齢に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 児童福祉法に規定される児童とは満18歳未満の者であるが、児童福祉施設では18歳を越えた者が措置されることがある。
B 障害者自立支援法に規定される障害児とは、障害がある20歳未満の者とされている。
C 介護保険法に規定される第一号被保険者は、65歳以上とされている。
D 厚生年金保険の加入者は、満20歳以上65歳未満とされている。
(組み合わせ)
1  A B
2  A C
3  B C
4  B D
5  C D

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第21回国家試験:社会福祉概論-1

我が国の戦後の社会福祉制度の成立に関する次の記述ののうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 昭和22年に制定された児童福祉法は、保護の国家責任と自立助長を初めて明文化した。
B 昭和24年に制定された身体障害者福祉法により、家庭奉仕員制度が創設された。
C 昭和25年に制定された(新)生活保護法により、困窮に陥った原因を問わず保護を受ける権利を有することとなった。
D 昭和26年に制定された社会福祉事業法は、連合国軍総司令部(GHQ)により示されたいわゆる「6項目」の要求を背景としている。
(組み合わせ)
1  A  B
2  A C
3  B C
4  B D
5  C D

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧01 社会福祉概論

第20回国家試験:社会福祉概論-5

地域における社会福祉の機関・施設に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
A 地域包括支援センターは、老人福祉法に基づき、要介護高齢者とその家族の相談・援助を行っている。
B 児童家庭支援センターは、次世代育成支援対策推進法に基づき、虐待世帯の調査・被虐待児童の保護を行っている。
C 地域活動支援センターは、障害者自立支援法に基づき、障害者及び障害児の地域における交流や生産活動の支援を行っている。
D 隣保館は、社会福祉法に基づき、地域における住民の生活の改善及び向上を図るための隣保事業を行っている。
(組み合わせ)
1 A B
2 A C
3 B C
4 B D
5 C D 

(さらに…)

Be the First to comment. Read More