月別: 2007年1月

お知らせ

模範解答が大きく割れた問題は・・・?

解答速報を見ていく中で、各社で解答が異なっている問題がいくつか見られています。
そのため、解答速報自体もいくつか見比べないことには、自己採点ができません。
介護に関する関係者や専門家が集まっていても、
これだけ解答が割れてしまう介護福祉士国家試験っていったい何なんでしょうね。
その中で、いくつか???と気になってた問題を紹介。
問32
脳梗塞の男性Sさん、右方麻痺、車椅子移動。
妻→入院のため、老健に入所。閉じこもり気味。
な事例問題なのですが、
Sさんの援助に関する次の記述のうち・・・で、
・Sさんとの会話の中で、妻が行っていた身体介護の仕方などを話題にする
なんて設問があります。
なんで、ここで身体介護の仕方を話題にしなきゃいけないんだろう・・・?
あと、問78
・膀胱カテーテル留置中の利用者の尿に混濁が現れた。利用者に痛みの訴えや発熱も無かったので、様子を見ることにした。
これ、どの解答速報もこれを×にしているけれど、
だったら、それで何をするの?
一回混濁があったくらいで、でしょ。
それを確認して、報告して記録すれば問題ないんじゃない?
この様子を見る、というのは記録にも残さずに放置する、という意味なのか、
様子観察するという意味なのか?
それと、問88。
・発熱時に頭部に氷嚢を当てる主な目的は、安楽をもたらすためである
これの安楽、って何よ。
解熱目的であれば、頭部よりももっと太い血管の部分を冷やすべきで、
頭部に氷嚢を当ててもそれほど大きな効果は無いと考えると、
んじゃ、氷嚢を当てる目的としては、冷たさによる爽快感、それを安楽というのか?
わけわからん。。。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
お知らせ

介護福祉士国家試験、模範解答続々。合格ラインは・・・?

一応、現時点で、
資格の大原、カイゴジョブ、釧根介護福祉士会、福祉教育カレッジ、ユーキャンが
模範解答速報を発表しています。
結果、以下のようになりました。

(さらに…)

One comment Read More
お知らせ

国家試験お疲れ様でした。先走り解答速報はこちら。

介護福祉士の国家試験受験者の皆様、お疲れ様でした。
感想などはさておいて、とりあえず気になるのは模範解答。
最速の模範解答速報は明日の正午からということですが、
すでに掲示板などでは答え合わせが行われています。
とりあえず、信頼できそうな情報をピックアップしていますので、
参考までにどうぞ。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
お知らせ

最後に、改正介護保険、障害者自立支援法のポイントおさらい。

最後に、過去問では拾いきれない新制度、
改正介護保険と障害者自立支援法について、
ごくごく簡単にポイントをチェック。
間違いなく出題されると思いますので、さらっと拾っておきましょう。
改正介護保険
・介護予防サービス、予防重視型システムへ
・ケアマネ資格更新制、5年で更新
・施設利用者のホテルコスト徴収、居住費・食費が自己負担に
・地域密着型介護予防サービス(介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能居宅介護、介護予防認知症対応型共同生活介護)
・地域包括支援センター(保健師・主任ケアマネ・社会福祉士が必置要員)
・事業者・施設の指定更新制(これは6年ごと)
・介護保険法第一条に「利用者の尊厳の保持」の文言が追加
障害者自立支援法
・サービス利用で一割自己負担(所得に応じて上限あり)
・障害程度区分
・ケアマネ制度なし
・三障害(身体・知的・精神)+障害児がサービス対象
ざっと、こんなところで覚えておきましょう。

Be the First to comment. Read More
お知らせ

介護福祉士国家試験、いよいよ明日です。

国家試験は泣いても笑っても明日です。
ここまできたら、すっぱり割り切って、
まずは睡眠をしっかりとって体調管理を優先させましょう。
まったく勉強してこなかった人は、今から勉強するしかないので、一夜漬けですね。
とりあえず、持ち物確認を忘れずに。
かばんの中に入っているか、寝る前に確認を。
・鉛筆(たくさん)
・消しゴム(使いやすいもの)
・受験票
・上履き(必要な会場の方は)
・腕時計(もちろんですが、携帯電話は使えません)
・防寒(会場によってはかなり寒いので、ホッカイロの準備を)
・昼飯(食べ過ぎると午後問題は眠くなりますので、軽めに。会場近辺のコンビには混雑必至です)
・甘いもの(チョコとか。血糖値をあげて頭の回転をよくしましょう)
・テキスト、問題集(直前まで勉強できますよ)
それと、会場までの交通ルート確認
時間には余裕を持って。
利用する交通ルートをプリントアウトしておいてもいいかも。
それでは、みなさん。会場でお会いしましょう。

Be the First to comment. Read More
お知らせ

介護福祉士国家試験解答速報はここでチェック!

試験は28日。
試験が終わって、点数が気になるのは当然の話です。
そこで、解答速報を行っているサイトを紹介します。
もちろん。この解答速報は予想なのですべて正しいわけではないのですが、
いくつかの解答速報を見比べて、おおよその点数の目安はできるはずです。
ぎりぎりの点数だったりしたら気が気でないと思いますが・・・。
カイゴジョブ 翌日29日正午
http://www.kaigojob.com/topics/answer_cw2007.php
東京アカデミー 翌々日30日17時
http://www.tokyo-ac.co.jp/fukusi/index.html
ユーキャン 公開日不明 前回18回は当日の公開?
http://manabi.u-can.jp/mnbpc/QuickAnswerList.do
福祉教育カレッジ 翌日29日
http://www.294594.jp/k.asp
択一 翌日29日夜
http://www.o-atrandom.co.jp/04.html
大原 翌日月29日17時
http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/kaigofukushi/index.html
釧根介護福祉士回 翌日29日12時
http://happytown.orahoo.com/senkonkaigo/
このサイトでも、
可能な範囲で解答予想を当日中に掲載できればいいなと思います。
もちろん、正答かどうかは保証できませんが。。。

2 comments Read More
お知らせ

介護福祉士国家試験対策問題最終チェックに!

国家試験まであと4日。いよいよ追い込みですね。
すでにみなさん、参考書や過去問題集などを購入して、準備を進めていると思いますが、
ネット上でも予想問題や最終チェックができます。
いくつか紹介しますのでどうぞ。
ノンストップで主要問題の確認(釧根介護福祉士会)
いま現在で801問の問題が掲載されています。
かなりなボリュームですね。
これを一通りやっておくだけで、かなり力はつきそうです。
医学疾病別等過去問大特集(釧根介護福祉士会)
こちらは医学一般の問題の過去問題を、疾病別にまとめたものです。
医学一般を苦手に感じている人はぜひチェックを。
介護のあいうえお
予想問題を公開中です。
こんなん出ねぇだろ、という問題もちらほら。。。
実際の問題よりも少しきびしめな点数になるかと思いますので、チェックしてみてください。
以上、限られた時間を上手に使っていきましょう。

Be the First to comment. Read More
旧11 介護概論

第18回国家試験:介護概論-8

高齢者の一般的傾向に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 体性感覚が鈍麻し、転倒の危険性が増大する。
B 味覚が低下し、濃い塩味を好むようになる。
C 入眠障害の有無にかかわらず、中途覚醒は少ない。
D 適応能力が低下し、環境の変化に対応しにくくなる。
(組み合わせ)
   A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○×○×
4 ××○○
5 ×××○

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧11 介護概論

第18回国家試験:介護概論-7

次の記述のうち、適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A 介護過程とは、利用者の生活上のニーズを充足するために、問題を抽出するまでの過程をいう。
B 居宅介護支援とは、居宅サービスを提供する事であり、居宅サービス計画の作成は含まない。
C 指定居宅介護支援事業所に管理者は、介護支援専門員に居宅サービス計画の作成に関する業務を担当させることとされている。
D 施設サービス計画を作成する際のアセスメントに当たっては入所者又はその家族のいずれかと面接すればよいことになっている。
(組み合わせ)
   A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○××○
4 ×○○×
5 ××○×

(さらに…)

Be the First to comment. Read More
旧11 介護概論

第18回国家試験:介護概論-6

介護福祉士の対応に関する次の記述のうち,適切なものを一つ選びなさい。
1 利用者が不眠を訴えたので、市販の睡眠改善薬を勧めた。
2 利用者が、朝、薬を飲み忘れたので、昼に2回分の内服を勧めた。
3 薬の内服は胃粘膜をおかしやすいので、薬はすべて食後に内服するように利用者に勧めた。
4 利用者が貧血の治療のため鉄剤を服用していたので、緑茶の飲用をやめさせた。
5 利用者の口腔内に薬が残っていないが、口腔ケアの際に確認した。

(さらに…)

Be the First to comment. Read More